ホーム > 品質管理

品質管理

自社検査

自社検査
工事契約後、1現場につき1人の現場監督が完成・お引渡しまでの全工程の管理を行います。
工事中は適時第三者の目を入れて、常に2重検査を行い品質の徹底管理を行います。
工事部会議
2週間に1度、全ての現場について工事部全体で会議を行い、 工事部会議 工事進捗状況の確認や先々で起こり得る問題について話し合います。
常に第三者の目を入れることでトラブルを防ぎます。
配置検査
建物配置確認後、担当の現場監督とは別に管理建築士が、図面通りの配置になっているかを2重検査します。
配置検査
配筋検査
配筋工事完了時、配置検査同様に担当の現場監督とは別に管理建築士が2重検査を行うことで、工事ミスをなくします。
配筋検査
中間検査(上棟後検査)
施工指示通り工事されているかどうかを検査します。
釘のピッチや種類など検査は多岐に及びます。
1人では気付かない施工漏れを2重検査の徹底管理によりゼロにします。
中間検査(上棟後検査)
外装下地検査
住宅トラブルで最も多い「雨漏り」。その比率は8割〜9割と言われています。
柏倉建設では外装の防水紙が施工完了した時点で3〜4人を1組とし全ての現場において外装の検査を行います。
外装下地検査

主な検査項目

  • 窓などの開口部の防水措置
  • バルコニー笠木の上端部や外壁との取合い部
  • 外壁貫通部の防水措置
内装ボード貼り検査
木造住宅において構造用合板や石膏ボードは施工指示通り工事していなければ、全くその性能(耐震性・耐火性など)を発揮することはありません。
釘の種類やピッチまで1人では気付かない箇所を2重検査により徹底監理します。
内装ボード貼り検査
完了検査
建物完成時、図面通りの施工がされているかどうかを検査します。
お施主様検査
完了検査後、お施主様に立ち会って頂き、工事に不備がないかどうか、キズや汚れなどがないかどうかを見て頂きます。
竣工&お引渡し
ご新築おめでとうございます!
アフターフォロー
必要に応じご自宅にお伺いし、メンテナンスおよび補修を行います。

工事工程

工事契約
工事着工
  • 解体工事
  • 地鎮祭
  • 配置確認
    配置検査
  • 地盤改良工事
基礎工事着工
  • 配筋工事
    配筋検査
  • コンクリート打ち
上棟
(木工事開始)
  • 上棟式
  • 木工事
    躯体工事
    中間検査
    防水工事
    外装下地検査
    内装ボード貼り検査
    サッシ&住設据付
    内部造作工事
仕上げ工事
  • 内装仕上げ
  • 外壁仕上げ
  • 外構工事
建物完成
  • クリーニング
  • 完了検査
  • お施主様検査
  • 手直し
お引渡し
メンテナンス

第三者検査

行政検査
確認申請を出し申請通りの建築が行われるかどうかを検査。法規に則った建築が行われているかどうかを確認する為のもの。検査の時期・回数は行政により異なります。
JIO検査
瑕疵担保保険を適用するにあたり、建築が適正に行われているかどうかを確認する為のもの。
JIO配筋検査
JIOの検査員が配筋検査を行います。
JIO配筋検査
JIO中間検査
上棟後、JIOの検査員による中間検査が行われます。
JIO中間検査
行政中間検査
上棟後、行政の中間検査が行われます。
(中間検査の有無は行政により異なります。)
行政完了検査
確認申請図面通りの施工が行われたかどうかの確認をします。
工事途中に追加変更があれば、変更の申請を出します。
Copyright (C) 2008- Kashiwakura Construction Co.,Ltd